>レポート>社会人向けのスクールなら仕事帰りに学べる

社会人向けのスクールなら仕事帰りに学べる

勉強

気を付けるポイントとは

社会人の方が専門学校に入学するためには、まず受験資格を満たしているのかどうかを確認しましょう。専門学校の多くが「社会人入試制度」を設けています。学校のコースによって条件が違ってきます。そのため、自分が入学したい専門学校の受験資格を最初に確認することが大切です。次に、入学試験対策を行いましょう。社会人の入試の内容は面接や小論文が選考方法として行っている学校が多いようです。さらに、音楽やデザインなどを学ぶ学校は実技試験を行う場合があります。よく調べて入学試験に挑みましょう。社会人のための授業形態は多様化しています。代表的なタイプが夜間部です。昼間に働いている人が夜、学ぶことができます。また、昼間のコースと比較すると授業料が安いです。他には、通信制で学びながら、実習の際に学校に通うスクーリングという制度を実施している学校もあります。自分に合った授業形態を選択することで、学びやすくなるでしょう。

女性

学費やサポートについて

昼間の通学課程に比べると、社会人が学ぶコースの学費の方が安い場合が多いです。それは、社会人の人向けに学費のサポートを行っていることがあるからです。学費のサポートとして社会人入試で合格した人を対象に入学金や授業料の一部免除を行っている専門学校があります。また、一定の条件を満たしている人は給付金を受け取り、専門学校で学べるケースもあります。この制度を「専門実践教育訓練給付金」と呼びます。厚生労働省が指定している専門実践教育訓練を受講します。そして、無事に修了することで自己負担した費用の一部が戻ってきます。この制度を実施している専門学校もあるため、活用することもひとつの方法です。社会人の方が専門学校で学ぶ目的として、スキルアップや転職を希望しているなどの理由があるでしょう。専門学校での学びを卒業後に活かすため卒業生の就職率や就職先を調べると良いでしょう。社会人の方には、個別相談がおすすめです。

広告募集中